脳ドック

脳ドックとはAbout

脳ドックの目的は

介護が必要になる疾患の1位は認知症、2位は脳卒中です。これらの疾患にかからないためにはできるだけ早期からの対策が必要です。中高年になったら一度は脳ドックを受けてみましょう。

どのような人が脳ドックを受けたほうがよいのでしょう

  • 中高年の方
  • 肉親に脳卒中を起こした人がいる
  • 高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満などの生活習慣病がある
    (脳卒中、認知症の危険が健康な人に比べて高い方)
  • 煙草を吸っている、お酒をたくさん飲む
    (脳卒中・認知症になりやすい方)
  • 運送業など自動車運転をする職業である
    (絶対に脳卒中に気を付けなければならない方)

以上の方は、一度は脳ドックを受けてみましょう。

なんらかの症状(もの忘れが目立つ、めまいや頭重感、頭痛など)がある方は通常の保険診療での検査がお勧めです(1割~3割負担でできます)。診療予約へお進みください。

診療予約はこちら

脳ドックでは何がわかるのでしょうか

脳ドックでみつかることの多い異常は次のようなものです。

  • 隠れ脳梗塞(無症候性脳梗塞)
  • 隠れ脳出血(微小出血)
  • 脳動脈・頸動脈の狭窄や閉塞(動脈硬化)
  • 脳動脈瘤(くも膜下出血の主な原因)

いずれも脳卒中の危険性を示唆するものですので、程度によっては早めの対処が必要となります。

当クリニックの特徴

  1. 通常の待合室と別に、個室待合をご用意
  2. 人にやさしい高機能1.5TのMRI(検査中もSmart Theatreをお楽しみいただけます)
  3. 脳卒中専門医・認知症専門医による読影と結果説明
    • MRI終了後、迅速にその結果を説明します
    • デジタルデータは後日郵送
  4. 問診から説明まで、概ね1時間以内にすべて終了します
    (ベーシックコースのみの場合)
  5. 心配な所見があれば通常診療への移行が可能。その日のうちから対応します
  • 脳MRIが受けられない方は脳ドックも受けられません。1.5TMRIの項目をご参照ください。自分が検査を安全に受けることができるかわからない方は、お電話でご相談ください。
個室待合
個室待合

脳ドックの予約についてReservation

WEBまたはお電話にてご予約が可能です。

脳ドックのコースと料金Price

価格

表は左右に移動できます

コース・料金(税込) 内容
ベーシックコース
(脳・血管画像のみのシンプルなコース:
脳卒中が心配な方におすすめ)
20,000円
  • MRI(脳)
  • MRA(脳・頸動脈)
  • 問診
  • 血圧
メモリーコース
(認知症の検査を含めたコース:
ものわすれが心配な方におすすめ)
29,000円
ベーシックコースに加えて
  • VSRAD
  • 高次機能検査
  • 内科診察
プレミアムコース
(健康診断を含めたコース:
まだ健診を受けていない方におすすめ)
40,000円
ベーシックコースに加えて
  • 身体計測(身長、体重、肥満度)
  • 視力
  • 心電図
  • 頸動脈エコー
  • 高次脳機能検査
  • 尿検査
  • 血液検査(血液一般・生化学・血糖・脂質・肝機能)
  • 内科診察
  • 〔眼底検査(眼科に依頼)〕
  • プレミアムコースは長野市・県の補助金の対象です。
    • 長野市国保の被保険者で35歳以上の方、長野市在住で後期高齢者医療制度加入者の方
    • 長野県の公立学校共済組合、地方職員共済組合、教職員互助組合の方
    市・各組合にお問い合わせください。

1.5テスラMRI1.5 Tesla MRI

MRIは強力な磁場のトンネルに身体をいれることで、身体の断面図を画像にする医療器械です。放射線を使うCTと比べて安全なだけでなく、より詳細な状態を画像にすることができます。ごく小さな脳梗塞や脳出血、脳血管の動脈硬化や動脈瘤、脊椎ヘルニアによる神経の圧迫など、短時間で正確な診断をすることができ、現在の医療、とくに脳脊髄の検査にはなくてはならない器械です。

1.5テスラMRI

当クリニックで採用している1.5テスラMRI(富士フィルムECHELON Smart Plus)は音が静かなだけでなくとても高速なため、短時間での検査が可能となりました(従来の約半分:頭部MRI・MRAで10分程度)。また検査中もリラックスできるようMRI室の壁には風景動画を投影しており、MRI検査中に器械のトンネルに入っていても青空やオーロラを楽しめる映像システムを採用しています。

Smart Window
Smart Window
Smart Theatre
Smart Theatre

MRI検査を受けられない方

MRIは強い磁石を使うため、身体に器械が埋め込まれている方はご検査が受けられません。

  • 心臓ペースメーカー
  • 体内埋め込み装置(ICD、神経刺激装置、人工内耳)
  • 20年以上前の脳動脈クリップ(クリップを受けた病院でMRIが可能かご確認ください)
  • 可動型義眼

また下記のような方は検査が受けられない場合があります。あらかじめお申し出ください。

  • 体内に金属がある
  • マグネット義歯を使用している
  • 刺青、タトゥーがある
  • カラーコンタクトをしている
  • 閉所恐怖症である
  • 妊娠中または妊娠の可能性がある